展示会情報

展示会情報

展示会情報


弊社出展予定:主な展示会の開催概要(詳細は各HPにて)

 

①:All about Photonics「InterOpto」

毎年1月中旬頃

開催場所:東京ビッグサイト
 主催 :一般財団法人 光産業技術振興協会

 

光技術の総合プラットホーム All about Photonicsとは

産学の研究開発者に向けて最先端光学技術を発信!
〜次世代アプリケーションを目指した光学技術+製品開発の商談展示会〜

車載・自動運転/メディカル・バイオテクノロジー/ロボット/航空宇宙/農業まで アプリケーションに必須の最先端光技術が一堂に集結。 光デバイス・レーザー関連製品が一堂に会するinterOpto、深紫外(UV)市場・LED応用の最先端技術・製品を中心テーマに据えたLED Japan、最先端の画像処理・イメージング技術が集結するImaging Japan、合わせて3つの展示会で構成されています。
幅広いPhotonics分野の最新技術・製品・アイディアを産業界に向けて発信し、研究開発・設計者との商談を多数実現します。

 

②:OPIE「レーザーEXPO」↓ On-line展示会は"ここ"

毎年4月中旬頃

開催場所:パシフィコ横浜
 主催 :レーザー学会NPO法人 日本フォトニクス協議会(株)オプトロニクス社

 

OPIEは光関連の専門展示会としては国内最大級の規模を誇ります。新年度が始まるにあたり、研究開発・商品開発の課題を解決する為のソリューションを求めている技術者・購買関係者が来場されます。

・学術的な国際会議と連携している国内唯一の大規模展示会で、レーザーや光関連の大学・研究機関・企業のトップレベルの研究者・技術者が国外・国内から参集します。アメリカの光協会であるSPIE、OSAはもちろん、中国の光協会CIOEも参画します。欧米のパビリオン出展やアジアの新興メーカーの出展もあり、国際的な価値を高めている展示会です。

〜アンケート結果より〜
  • 来場者アンケートからも、他の展示会と比べて差異が無いという声は少なく、多くの来場者は今回のOPIEの特長を実感して下さっております。私どもは、国内最大規模のフォトニクスの専門展示会を目指しており、展示会テーマがその趣旨に合う様に務めております。
  • オプトロニクス社が運営する展示会は、他の展示会にみられる様にエレクトロニクス一般をテーマとした展示会とは併催しておりません。来場者はフォトニクスやポジショニングに関連するテーマを目的に来場されます。具体的な課題を持った来場者が多いのが特徴です。出展社からの声でも来場者の質が高いと評価頂いております。
  • また、専門性の高い併設セミナーの開催により、光技術の様々な分野で活躍される技術者に来場して頂き、展示会テーマに沿った課題を持った来場者の動員を行っております。その効果は55%の出展社の皆様からも評価されています。
  • それらの結果、一人ひとりの滞在時間も長く、複数日来場される方も20%以上いらっしゃり、商談に直結する打ち合わせがブース内でされているケースも散見されました。アンケート結果ではその場で受注された、受注につながりそうだという具体的なリードを得られた出展社は37%に及んでおり、今後のフォロー次第を含めますと97%の出展社が商談の手ごたえを感じております。
 

 

③:光とレーザーの科学技術フェア↓ On-line展示会は"ここ"

毎年11月中旬頃

開催場所:東京都立産業貿易センター 浜松町館
 主催 :(株)オプトロニクス社
 

 

開催概要:光とレーザーの科学技術フェア

レーザーは、レーザー加工機などの工業分野、バーコードスキャナなどの情報・家電分野の産業分野はもとより、通信、軍事、娯楽、建築等幅広い分野で活躍しています。しかしながら国を挙げての後押しもあり、現在最も注目を浴びている分野の一つが科学技術の分野です。レーザーに関連する国家プロジェクトはもとよりバイオやメディカルなど様々な研究開発現場をはじめ、大学や研究機関で使われているレーザー製品は光源、計測機器、顕微鏡、分析・検査装置、分光器などから大規模なレーザー関連システムまで非常に広範囲にわたっています。 この機会に光とレーザーに関する研究者・研究機関が多数参加するの本展示会にてお待ち申し上げます。

 

【特設】可視光・次世代レーザー応用ゾーン 主催: 可視光半導体レーザー応用コンソーシアム 共催: 日本光学会 レーザーディスプレイ研究グループ 協賛: レーザー学会 レーザーの自動車応用専門委員会/レーザー学会 光無線給電技術専門委員会 革新的に省エネ効果をもたらす可視光半導体レーザーは、RGB 3色の光源も揃い、既存商品だけでなく新たなサー ビスを含めた多方面へと展開され、日本が誇る巨大産業に育つことが期待されています。関連製品を集結させることに より、高いポテンシャルと未来への可能性を秘めた可視光半導体レーザーの応用展開を再確認いたします。 また、会期中は各種技術セミナーやシンポジウム等の併設イベントも多数開催され、光技術に関係する研究者や関係 者が一堂に会します。

 

~~ 出展への模索/調査&検討中 ~~

xxxxx

開催場所:xxxx

概要

光技術

産学の研究開発者向け
光学技術+製品開発の商談展示会〜

xxxx
xxxx

 

menu